顔が赤ら顔で鼻の周りにブツブツができている団子のような鼻。酒さの皮膚の症状で痛みはなく、あまり認知されていない病気のため、触ると伝染ると思われたり、敬遠されがちでプールに入ることを断られたり誤解が多く、早く治したいと悩んでいました。

なぜ皮膚の症状が出てしまうのか完全にわかっておらず、治療をするにもステロイドが処方されて赤みがよくなったと思ったらすぐに再発し、だんだん症状が悪化し、顔がむくんだり、皮膚がポロポロはがれたりします。

命にかかわる病気でないため軽視されがちですが、顔にまだらの赤みやかさぶたなどがあると気軽に遊びに行くこともできなくなります。

赤ら顔は医学的に酒さといい、代謝の以上が原因という説が有力であり、体質を改善することで代謝異常を改善することができます。

現代医学では西洋医学より東洋医学の分野で効果が見られるため、薬効成分が含まれているものを使用するのがいいのです。

そうやって紹介されたのが白漢しろ彩であり、私が使いはじめてから3ヶ月目に入ったころに効果を感じることができました。

だんだん顔の赤みが薄くなり、6ヶ月たつころには顔色がすっかりよくなっていました。

しろ彩には血管の拡張を調整する海洋性エキスが含まれており、和漢植物エキスが血行促進や保湿、肌のバリア機能を助けるための成分が配合されていたので、これらが私の赤ら顔にはよかったのです。

白漢しろ彩をぜひ試してみたい方がいましたらこちらのサイトが参考になりましたので紹介します⇒しろ彩 酒さ

関連記事


    ヒルドイドのローションなどを、お肌を保湿するためのケアに使って、 徐々にほうれい線が目立たなくなったという人もいるのだそうです。 風呂の後とかの水分多めの肌に、乳液みたいに塗布していくと良いとのことで…


    化粧水はたくさん付ければ付ける程、保湿効果が高くなると思っていませんか?? 実はそれ間違いなんです! 化粧水をつけると肌の奥まで浸透して肌がうるおったように感じますよね? 実際に化粧水は肌の表面の角質…


    是非とも自分の肌質に合う化粧品を探したいときは、トライアルセットとして市場投入されている多種多様な注目製品を実際に試してみたら、メリットとデメリットの両方が確認できるだろうと思います。 ミルクセラミド…


    赤ら顔で頬が赤いと肌がガサガサしている印象できれいに見えないですよね。 メイクでも隠しきれなくてもうあきらめてしまっている方も多いです。 赤ら顔を改善しようと思ってもどんなスキンケアをしたらいいかわか…


    適切なスキンケアを行っているのに、思っていた通りに乾燥肌が正常化しないなら、 体の外部からではなく内部から修復していくことにトライしましょう。 アンバランスな食事や脂分過多の食習慣を一新していきましょ…