ハワイで使用する日焼け止めの選び方!コスパより効果を重視

趣味でダイビングをしているため、これまでに日焼け止めは色々と試してきました。

海に行く回数も多いので、UVケア知識もそれなりに持っていました。

そんな私がハワイへ初めて行った時、見事に失敗したことがあります。

それがUVクリーム選びでした。

日本で海に行く際、いつも使用するのは安めの日焼け止めです。

というのも、行く回数が多いのでコスパ重視で選び、ケチケチせずにたっぷり使いたいからです。

このようにして選んだ日焼け止めも、塗り直しさえすれば、日本の海やプールではUVカット効果をきちんと得られていました。

そのため、ハワイに行く際も同じものをチョイスして持参したのです。

しかし、ハワイの日差しを完全になめていました。

まず、ハワイの海やプールで使用した場合、1時間おきに塗り直したにもかかわらず日差しに負けて焼けました。
ラッシュガードや帽子もかぶっていなかったので、それがあれば違っていたかもしれません。

ただ、一緒に行った友人は定番のアネッサとアリーのウォータープルーフのSPF50PA+++を持参してきており、同じ状況にもかかわらず焼けることなく済みました。

しかも、友人はすっぴんで使用していたですが、全く肌荒れもせず2、3時間おきに塗り直すことで効果を発揮していました。

これだけの強い紫外線の場合、コスパ重視ではダメだと感じました。

見出し2 ハワイで本気で日焼けしたくないラッシュガードや帽子も着用するべき

日本の4倍以上の紫外線を浴びる状況を考えると、アネッサやアリーなら絶対に焼けないとは言い切れません。

絶対に日焼けしたくないなら、やはり長袖のラッシュガードやツバ付きの帽子をかぶっておくべきです。

また、それは海やプールだけではありません。

ショッピングする際なども、長袖のシャツやハットをかぶるなどした方がいいでしょう。

ここまでやっても、あの紫外線の強さには叶わない気もしますが、できる限りの紫外線対策をすることを心がけてください。

日焼け止めについて、私はここを参考にしました⇒プール 日焼け止め アネッサ

関連記事


    どんどん紫外線がジリジリ感じる季節になりましたね。 照りつける太陽の光を感じ始めると素肌の紫外線による肌の老化が特に、気になり始めます。 紫外線は365日、いつでも肌に降り注いでいる聞きます。 それで…


    サーフィンする時にいつも困っているのが日焼け止め。 すぐに落ちてしまうし、どうしたら日焼けしないかいろいろ調べていたら、 飲む日焼け止めを見つけました。 塗らなくていい日焼け止めなんてなんて画期的なも…